『うつむき姿勢』は自律神経を圧迫してる?!

自分の生活を振り返ってみると、結構うつむいている時間って多いことに気付きます。(スマホ見たり、料理したり、本読んだり…その他にもたくさんありますよね。)

ここでちょっと考えて欲しいのが、ご自身の頭の重さ。感覚的にはそんなに重く感じませんよね。しかし、頭は5~6kgあると言われています。わかりやすくイメージするとしたら、ボウリング球を首に乗せて生活している、という感じ。

立っていても座っていても、首にかかる負担は0にはなりません。常に働いています。

さらに、ちょっと首を傾けただけで首にかかる負担は何倍にもなるので、ちょっと下を向いただけで10kgもの重さを支えていることになります。

うつむき姿勢は首にとって大きな負担→→→首の後ろの筋肉は硬くなり、自律神経を圧迫→→→副交感神経の働きが悪くなり、交感神経ばかり🔥

あれこれといろいろ考えてしまう時って、どうしてもうつむく時間が増えてしまいます。そうすると、リラックスする神経がうまく働かず、交感神経優位の状態が続いてしまいます。いわば戦闘モードの興奮状態。心身ともに疲れちゃうのは目に見えてますよね。

もちろん交感神経が悪いと言っているわけではありません。一方が働かず、一方のみが機能していることが良くないんです。

バランスが大事なんです。

「ストレス感じるなぁ」「疲れが取れないなぁ」と思った時は、うつむくのではなくて

『深呼吸しながら上を向く』

ぜひやってみて下さいね☻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。